2010 FUJI SPRINT CUP 【富士スピードウェイ】2010年11月29日 02時17分54秒

 
11月13(土)、14(日)
国内レースをジックリ観たのは20年振りくらいかも知れない。
いつも気にはなるものの、サーキットに出掛けるまでのモチベーションが上がらないでいた。

今年の秋、台風直撃で富士スピードウェイ周辺道路の崩落でスーパーGTは中止となった。
自分にできるささやかな富士支援はサーキットに行くこと、そして近隣に宿泊することしかない。

ということで久々の国内レース観戦を決めた。

スーパーGTとフォーミュラ・ニッポンが同日にスプリントレースをすることも興味を持った。

チケットの手配を考え巡らしているとき、知人にレース関係者がいることを思い出し『今度の富士に行ってみようと思っているんだけど』と相談してみた。
けしてガラス張りのVIPラウンジに通してほしいという邪心があったわけではないのだが、結果的には上記画像が撮れるような場所で観戦させていただくことになった。

この場所での出来事は場末のブログといえども書かない方がいいだろう。
食べ物、飲み物が振る舞われたことや、本来はお金を払わないと手に入らないものがご自由にどうぞ状態だったことや、ついさっき300キロオーバーで走り抜けた人が挨拶にきたことや、元アイドルで現監督な人やF1の解説をしている人がいたこと。
いや、きっと、よく似た人がいただけなのだろう。

スーパーGT、フォーミュラ・ニッポン共にレースのレベルが高い。
特にフォーミュラ・ニッポン。

クルマは日本を代表する産業、レースはプライド。
来年は出来る限りサーキットに足を運びたい。

内容盛りだくさんのイベントでした。

 ↓  ↓

http://fujisprintcup.jp/news/101124_jfsc_info18.pdf

2010 F1 第16戦 【日本:鈴鹿】2010年10月23日 15時45分50秒

 
計画的な鈴鹿参りでした。
発売直後にチケットを抑え、 あっ計画的だったのはそれだけだ。

宿の確保は直前で、サーキット周辺はどうにもならず、探しに探して琵琶湖の南に位置する行政の研修センターのようなところに泊まった。
距離はあるが高速移動なので時間はさほど掛からない。

駐車場は鈴鹿サーキットが案内するローソンチケットの抽選にことごとく外れ、駐車場難民になりそうだったがなんとか1コーナーゲートに近い駐車場を事前予約した。

土曜の早朝にサーキット着、小雨だが予選がありそうな雰囲気。
予選だけはドライで観たい派なので、ガッカリしていたが雨が強くなり結果オーライだった。

日曜に予選と決勝があるのはいいとして、決勝スタートの午後3時は遅すぎる。
ヨーロッパへの時差配慮はわかるが、平べったいF1マシンの影が長くなり過ぎだ。

5年振りの1-2コーナー席。

いきなりマッサがヨロヨロと。

レース後は津市の飲食店で食事をしてからゆっくり帰宅。
どこだかのSAでレッドブルを飲んだら目が覚醒し翌朝、陽が昇る前に無事到着。

WALKING WITH DINOSAURS 【さいたまスーパーアリーナ】2010年08月12日 13時32分47秒

  
業界予想を大きく裏切り、大ヒットイベントとなっているWALKING WITH DINOSAURSの日本ツアー。
主催者にも招待者用チケットが廻らないほどの売れ行きだったようだ。

息子(10歳:恐竜好き)用に先行予約をしていたが、自分の分は一般発売でいいやと思っていたら買い損ねた。

息子の引率で会場に行くと当日券発売ブースがあり、カミサンの分と2枚オーダーするが1枚しかないということで、最後の1枚を入手。

どっちが見るかカミサンと話し合うが、素直に譲られ私が観賞することに。

恐竜を題材にしているが、時系列に沿って学術的に構成されていることは好感が持てた。
ナレーターによる解説も、とてもわかりやすく学びの場としても優れている。

最後まで変な演出はなく、ティラノサウルスの暴れ方も控えめだ。
 
http://www.fujitv.co.jp/events/wwdj/index.html

過去にも書いた気がするが『さいたまスーパーアリーナ』というネーミングは酷過ぎる。
名付け親は誰だろう、小学生?

タミヤモデラーズギャラリー 20102010年08月09日 12時39分14秒

 
そういえば、今年もタミヤが池袋東武で開催していた。
(7月29日[木]~8月3日[火]:既にイベント終了)

F1モデルヒストリーと称し、歴代F1モデルを展示。

ラジコンで発売されていた『ワーゲンオフローダー』の実車も展示。

特にこれといって目玉になっていない。

『模型ワールドはリアル3D』という痛いキャッチコピーを考えたのは誰だ。
補足文は『3Dテレビが注目を集めていますが、模型はもともと3D』。
その説明もいらないだろ。

ジリ貧感のあるイベントとなってしまった。

社内もカリスマ経営者の無茶が目立つ状況らしい‥
ミニ四駆のB級(C級)アイドルのパッケージもカリスマの一声だったそうだ。

百里基地航空祭 2010.7.25(日)2010年07月28日 12時00分11秒

  
伝説の大渋滞を経験している百里基地に5年振りくらいに再び行った。

早朝出発した甲斐あって、さほど渋滞には巻き込まれず。
先に書いておくと帰りも渋滞とは無縁。人の流れと逆にチョット遠回りしながら帰ったので。

あいにくの曇りで、撮影すると擬態状態。(F-15)
場内アナウンスによると、年間300回くらいは自衛隊戦闘機のスクランブル発進があるそうだ。
そのような報道は日常では聞こえてこないけど。

トリを務めるブルーインパルスはトラブルがあったようで、待たせるだけ待たせて簡略飛行でアッサリ終わってしまった。

でもでも、戦闘機の飛ぶ姿は圧巻。
行って良かった。

チョット アレなグッズを買ったので改めて紹介予定。

5月19日はボクシングの日2010年05月24日 22時55分12秒

  
1952年5月19日、日本人初のボクシング世界チャンピオンが誕生した日。

アメリカ人チャンピオンに日本人が挑戦しタイトル奪取。

敗戦のショックが癒えない当時の世相を考えれば、新チャンピオン誕生の期待の大きさは想像もできない。
後楽園球場には4万人以上の観客が集まったそうだ。

故 白井義男さん、自伝を読んでみたい。

タミヤ・オープンハウス2010年05月20日 01時13分31秒

  
静岡ホビーショーの開催期間中、タミヤ本社を開放してくれる。
6輪タイレルの実車が見学できるのが嬉しい。

ALFA155のラジコンボディー金型が展示されていた。
あいにく写真撮影は不可。

ミニ四駆は縮小傾向でひっそりと大会を開催していた。

F1好き、模型好きなら一度は訪ねたいところ。

2010 静岡ホビーショー 【ツインメッセ静岡】2010年05月20日 00時56分17秒

  
ホビーの楽園の印象があった静岡ホビーショー。
来場者は多いが出店者に元気なし。

ついにミニ四駆の大会を開催しなくなったようだ。
(タミヤ本社で細々と開催)

田原俊彦 新曲発表会2010年05月12日 15時10分30秒

   
ひょんなことで参加した新曲発表会。

テレビではほとんど見ることが困難な田原俊彦が目の前に。

歌って踊れる49歳。
『哀愁でいと』では垂直に右足を上げる。
スタイルは完璧。

相当な努力を重ねているのだろう。

頭髪はなにやら加工の気配も感じるが5メートル離れていると不自然さは全く感じない。


昨年、彼のことを少し書いている

  ↓   ↓

http://nikoniko.asablo.jp/blog/2009/06/11/4357094

ボクシング WBC&WBO世界タイトル戦 【日本武道館】2010年05月01日 14時04分12秒


長谷川穂積(真正)× フェルナンド・モンティエル(メキシコ)

プロ同士の緊張感あるハイレベルな戦いだった。

運良くリングサイドで現地観戦していたのだけれど、呆然、その後しばらく間をおいての大感激と共にとても考えさせられる試合だった。

一見、実力の上回る長谷川のいつもの展開に見えたが、巧妙な精神戦だったようだ。

モンティエルは手の内を見せずに戦っていた、4ラウンド最後の10秒を告げる拍子木が鳴るまでは。

大振りの選手と思わせて意表を突いた左フック、仕留めた連打の正確性は世界最高峰の技術だろう。

TKOがなければ4ラウンド終了後の途中採点は長谷川に分があっただろう。
その辺を長谷川本人、陣営も当然理解し、頭は既に5ラウンド以降の展開にあったのではないだろうか。

世界チャンピオンも人間。
優位な展開、10回続けて防衛を続けている、会場は日本、メディアも持ち上げる。
この環境でハングリーな戦いをすることは困難だと思う。

モンティエルのKO率を考えても仕留める能力は高いはず。
相手の倒しどころを心得ていたと思うし、その時を待っていたのだろう。

優位性を持っていた長谷川のまさかの敗北で、満員の日本武道館はお通夜のような雰囲気だった。
皆が下を向き無言のまま会場を後にする。

紛れもなく世界レベルの試合だった。
会場にいたことを光栄に思う。



2006年11月に日本武道館で長谷川戦を現地観戦しているときのレポート

  ↓   ↓

http://nikoniko.asablo.jp/blog/2006/11/14/903219